TearoomAPRIL

紅茶レビュー

更新2020.10.01   作成2020.10.01

【LUPICIA】丸子紅茶 べにふうき

今日は中秋の名月!そしてなんと日本茶の日ということで国産の紅茶を。
うちにある数少ない和紅茶、ルピシアの丸子紅茶べにふうきを頂きました〜!

ゴールデンチップたくさんな茶葉

飲んでみる

抽出時間:2分
湯量:150ml
湯温 :97℃

HARIOのジャンピングティーポットを愛用してるのですが最近茶濾しがダメになってきた…


感想

香り   ★★☆☆☆
甘み   ★★★★
コク   
★★★


ぎゅっとじんわり甘い!そして奥底に隠れた爽やかな風味

こちら何度か飲んでいますがちゃんと味わって飲んだことはあまりなかったかもしれない。久々に飲みましたがさすがとっても甘いですね。和紅茶らしい、渋みがなくぎゅっと甘みの詰まった味わいで非常に優しい口当たりです。

和紅茶を普段あまり飲まないので、なんとなく和紅茶というとひたすら甘いという印象がありました。もちろんたくさん種類があると思うので一概には言えませんが一口で国産の特徴を言うと「甘い」になるんじゃないかな?自然のもつ甘さを体感させてくれる紅茶です。
ただこれまでこれを飲んできてその印象が先行していたのを今回もう少し噛み砕いて味わってみると、ほんのり爽やかな、どこかダージリンを彷彿とさせる風味も持っていることに気付きました。茶液の温度が下がってきたときにじっくり口の中で吟味すると微かにハーバルな爽快感を味わえました。これは新しい発見…!今まで気付かなかった味に気付いて嬉しい。
後味がすっきりめなので、甘いのが飲みたいけどくどくないのが良い人には最高なんじゃないかな〜!

和紅茶が詳しくないので、今まで「べにふうき」のことをずっと紅茶の銘柄だと思っていたんですが、実は茶品種なんですね!初めて知って驚きました。
海外産でいう、チャイナ種やアッサム種、クローナルなどと同列という考えでいいのでしょうか。ちょっと曖昧なので、またじっくり調べてみよう。
"べにほまれ(アッサム系実生選抜)と枕Cd86(ダージリン在来)を交配した茶品種"
とあるので、しっかりとした甘みと少しハーバルな風味を擁しているのはこのためだったのかな?と腑に落ちました。
なんとなくだけど、和紅茶の種類の考え方は海外産のものと同列に扱えないのかなあと思うところも多いので、これはこれで深い世界だ…と関心。海外産と比べるとまだまだ発展途上なところも多いみたいなので難しいですね。
普段から好んで飲むことは少ないですが、これから少しずつ色んな種類を飲んでみたいと思います。


関連記事